スポンサーリンク
Tuoi Treニュースによると、ハノイの運輸局はGrabとUberを含むライドシェアリングの相乗り機能を禁止しています。相乗り機能を使うと複数の乗客で費用を分割することができます。

Grabベトナムは5月初めにGrabShareを導入し、Uberベトナムも同様のサービスであるUberPoolを開始する予定を発表しました。

運輸省が相乗りオプションが現行法に違反していると判断してから1ヶ月も経たずに禁止されました。

ユーザーと運転手は、通常の旅客輸送サービスごとの書面による契約ではなく、それぞれのスマートフォンアプリでのデジタルな「契約」を通じて運搬と運賃に同意します。

運輸局によると、このビジネスモデル内で運営されている自動車は1回の運搬で1つの契約にしか署名できないと規定されています。

したがって、GrabCarのドライバーが2人の乗客を乗せる場合は2つの別々の契約を履行していることとなり、法律に違反していると説明しました。

GrabShareの機能はホーチミン市の交通渋滞を緩和する手段として乗客や運輸の専門家によって受け入れられています。3人を別個の車ではなく、同じ方向に3人でGrabCarを共有することができます。